導入してもっと仕事を円滑に!ビジネスチャット選びのポイント

  • ビジネスチャットツールの選び方
  • ビジネスチャットツール徹底比較
  • 社内向け情報共有ツールの効果とは
  • 【業種別】グループチャットの導入事例

医療業

正確さと専門知識やスピードが要求される医療機関の運営にグループチャットを導入した事例を紹介しましょう。

グループチャット導入前の課題

これまでは紙を使って申し送りや情報共有などを行ってきました。

現場が複数になったことと患者とスタッフの数の増加などから、患者の情報共有をはじめ申し送り事項やスタッフ間のコミュニケーションがとりづらくなっていました。また、紙での伝達は、確認不足などからミスにつながることもあり、課題解決は急務でした。

ただし、その中でも的確にいつどこにいても情報共有ができる方法を導入するという大きな前提があったため、何を導入すべきかを事務方含め繰り返し検討していました。

導入したきっかけとは

さまざまな業者さんの話を聞きましたが、結果的にはインターネットの口コミなどの情報や他院の導入例などを参考にして決めました。

必要な機能としては、スマートフォンとパソコンの両方で使えること、使い方が簡単にできること、患者情報を含むためセキュリティがしっかりしていることなどがあげられました。

また、スタッフ間のコミュニケーションが適切にできているかを確認できることや、できるだけ上下の関係を近づけて全員でクリニックを盛り上げようという団結力を高められるようなツールがよいと考えていました。

こういった条件から、ビジネスチャットツールは最適な情報共有ツールだと考えました。

導入後の効果は?

クリニックは複数ありますが、院長はひとりです。

そのため、これまではすべてのクリニックの情報を一度に把握することが困難でしたが、導入後はすぐにすべてのクリニックの申し送り事項や連絡事項などを把握することができるようになりました。

患者の現況も報告されるため、それぞれの患者の状態をすべてのスタッフへ共有できます。結果として患者サービスの向上につながり信頼感が増しました。

また、申し送り事項を後から何度でも閲覧できるため、ミスが非常に少なくなりました。緊急事態が起こった場合でも、全員が確認できすぐにスタッフが対応できるという安心感もあります。

患者の状態や会議の内容などが、しばしば意見交換されるようになり、スムーズな運営と会議進行もできています。

ページトップへ