導入してもっと仕事を円滑に!ビジネスチャット選びのポイント

  • ビジネスチャットツールの選び方
  • ビジネスチャットツール徹底比較
  • 社内向け情報共有ツールの効果とは
  • 【業種別】グループチャットの導入事例

部門間のコミュニケーション不足を解消

ビジネスチャットの導入は、社内コミュニケーションの不足を解消して活性化を図るには非常に効果的であると高く評価されています。

よく会社勤めをしている人の会話の中に、「親しい人がいない」「相談できる人がいない」「他の部署に話してみたい人がいるのだが」という声が聞かれます。

せっかく同じ会社に勤めながら全く知り合えるチャンスやタイミングを見つけられないというのは、たくさんのチャンスを逃していることにも繋がります。

アイディアやアドバイスは、自分だけの能力や知識だけでは限りがあります。社内で円滑なコミュニケーションが取れていれば、毎日の業務の中で多くのヒントが得られることも少なくありません。

しかし、現実的には知らない人や共有できるものがない人とコミュニケーションをとることはなかなか勇気がいります。

上下の壁を無くす為のビジネスチャット

そんな時に使えるのが、ビジネスチャットツールなのです。社内向け情報共有ツールであるビジネスチャットツールには、単に1対1やグループトークだけでなく、いいねやコメント機能などさまざまな機能を搭載しています。

ですから、コミュニケーションのちょっとしたきっかけをつかむためには、とても使いやすいツールだといえます。

全員が社内メンバーという親近感と、十分なセキュリティ機能・管理機能が備わっていますから、安心できる社内向けコミュニケーションの場といえるでしょう。

導入によるメリット

社内でコミュニケーションをとることは、上下の関係を超えた親近感や団結力を育てるだけでなく、密な連絡や漏れ・ミスの防止につながります。

実際にこれまでLINEやFacebookなどを利用していた会社がビジネスチャットツールを導入した声を紹介してみます。

  • 社長が積極的に活用してタイムラインを投稿するので、社員がいいね!をたくさん入れている。社員が社長の動向や思想に共感を持ち、団結力が高まったと感じている。
  • タイムラインで大物ゲスト来店を紹介したら、すぐに差し入れやスタッフの応援などがありました。投稿に大変な盛り上がりで、やっていてよかったと思いました。

このような例から見てもわかるように、ビジネスチャットツールを導入することによって、これまであまり広めることのできなかった情報を全体に一気に広めることができることがわかります。

それにより会社や組織全体の士気が上がり、役職や部門を超えたコミュニケーションを活性化する絶大な効果があるといえるでしょう。

これからは縦横無尽なコミュニケーションが必要とされる中、ビジネスチャットツールは大きな役割を持つようになるでしょう!

費用対効果の高い
おすすめビジネスチャットツール徹底比較はこちら

ページトップへ