導入してもっと仕事を円滑に!ビジネスチャット選びのポイント

  • ビジネスチャットツールの選び方
  • ビジネスチャットツール徹底比較
  • 社内向け情報共有ツールの効果とは
  • 【業種別】グループチャットの導入事例

在宅勤務者との連携強化

近ごろ増加している在宅ワークやリモートワーク従事者との連携をするために効果を発揮するのが、ビジネスチャットツールです。

社内では比較的連携をとりやすい状況の中で、社外メンバーとの連携の強化はこれからの会社や組織の円滑な業務運営のためには必須条件ともいえるでしょう。 従来は、このような在宅勤務やリモートワークメンバーとのやりとりは、電話やメールが主流でした。

しかし、電話ではその場限りの1対1のコミュニケーションで終わってしまいがちです。

また、メールでは窓口としてのメリットは大きい反面スパムメールやなりすましなどのリスクも大きいだけでなく、伝えたい内容を正しく言葉にして伝えることは非常に難しく誤解を招くこともあるのが現状です。

特に、面と向かって話すことの少ない在宅やリモートワークスタッフとの連携は、非常にリスキーであり、個々の伝達スキルにも左右されることは否めません。

ビジネスチャットの持つ可能性

ビジネスチャットツールにはさまざまな機能を持つものがありますが、その中に外部のメンバーを招待する機能を搭載したツールがあります。

ひとつのプロジェクトにはさまざまな人がかかわっています。社内のメンバーはもちろんのこと、場合によってはSOHOなど社外の在宅勤務者やリモートメンバーなどと一緒にプロジェクトを進めるケースも少なくありません。

しかし、ツールのセキュリティの問題から外部メンバーの招待をシャットアウトするツールもあるようです。そこで、セキュリティ問題をクリアにして外部メンバー招待機能のあるツールがあれば、プロジェクトのスピードアップは間違いないといえるでしょう。

慣れない外部メンバーには、スタンプなども使ってコミュニケーションを行えば、直接会ったことはなくても親近感が生まれモチベーションも高まりますね。 このようにビジネスチャットツールは、在宅勤務者との連携にも大きな役割を果たしてくれることが十分期待できるのです。

ページトップへ