導入してもっと仕事を円滑に!ビジネスチャット選びのポイント

  • ビジネスチャットツールの選び方
  • ビジネスチャットツール徹底比較
  • 社内向け情報共有ツールの効果とは
  • 【業種別】グループチャットの導入事例

情報セキュリティの向上

ビジネスで共有する情報の漏えいや改ざん、盗み見などを高い精度で防止するツールなら、ビジネスチャットツールが最適です。

なぜならビジネスチャットツールのセキュリティ機能は各社競って高いレベルを維持しているからです。特に厳重な情報管理を行っている大企業や官公庁、金融関係にも採用されていることからも、その信頼の高さがうかがえます。

例えば、社員が外回りで手持ちのスマートフォンを紛失した場合を想定してみましょう。

LINEやSkypeでプロジェクトメンバーと顧客リストファイルなどの重要な情報をやり取りしていた場合、オートログイン機能で拾った人はすぐに誰でもその情報にアクセスすることができます。最悪の場合、悪用されることもあり得るのです。また、競合に情報が漏えいするなどプロジェクト自体の存続の危機もあり得るでしょう。

高いセキュリティと管理者機能が組織を守る

このように重要なビジネス情報を共有すべきツールは、常に厳重なセキュリティによって管理されていることが必要です。

そういった点から考えると、一般的なクラウドストレージサービスや通信アプリケーションでは非常に危険です。

それに対してビジネスチャットツールは、SSL暗号化された通信で第三者の閲覧はできない設定となっています。

もちろんアップロードされているファイルなどの情報も、AES256などの厳重な暗号化を採用していますので安心です。また、データの管理は会社の重要な業務の一つです。一部のシステム管理者のみが閲覧できるなどの強固な管理体制を採用しています。

特に、国際規格ISO27001の認証を受けているものを選ぶといいでしょう。

中にはAmazonのデータセンターを利用した管理を行うほど徹底したデータ管理を採用しているツールもあります。障害が起こった場合のリスクの分散やバックアップなどにも対応しているといいます。

このようにビジネスチャットツールは、セキュリティ対策における安全性も確かであり、各社競争しながらより高いレベルへと進歩しています。

ページトップへ