導入してもっと仕事を円滑に!ビジネスチャット選びのポイント

  • ビジネスチャットツールの選び方
  • ビジネスチャットツール徹底比較
  • 社内向け情報共有ツールの効果とは
  • 【業種別】グループチャットの導入事例
HOME » 失敗しないビジネスチャットツールの選び方 » 無料プランと有料プランの違い

無料プランと有料プランの違い

無料・有料で異なる機能制限の違い

チャットツールの多くは、無料プランと有料プランの設定があります。

ただし、ビジネスシーンで使うチャットツールは、有料プランのほうが利便性や効果では勝るようです。 その理由は、プランの内容や特徴にあります。 まずはチャットツールの無料プランと有料プランの違いについて説明します。

多くのビジネスチャットでは、ビジネスプランを設けています。これは、一般ユーザーとの差別化を図ったもので、ビジネス向けの機能を搭載していると考えるといいでしょう。

そして無料プランと有料プランの大きな違いは、以下のような機能の質に違いがあります。

グループチャットの数

無料プランでは制限のあるグループチャットを、有料プランではよりたくさん作ることができます。

ビデオ通話の対象人数

無料プランでは1対1のみの通話がほとんどですが、有料プランでは複数でビデオ通話が可能です。

ストレージ(保存領域)の容量

無料プランではストレージの容量に制限がありますが、有料プランでは料金によってさらに大容量、または無制限に使うことができます。

ユーザー管理機能の強化

有料プランでは、社員全員のアカウントの管理をすることができます。中にはアクセス制限もできるセキュリティプランもあるようです。

ビジネスに最適なのはどっち?

こうして無料プランと有料プランを比較してみると、明らかに有料プランの方が多くの付加機能を備えていることがわかります。

プライベートで使用するなら無料でも十分対応できるかもしれませんが、もっと幅広く制限を気にすることなく使うなら有料プランの方が断然お得です。

特にビジネスにおいては、ファイルや画像の送受信も頻繁にあるため、ストレージはあっという間に容量に達してしまうことも多いものですね。送れない、送受信が遅いなどのトラブルは、業務にとっても大きなストレスであり支障をきたすことも考えられます。

ビジネスを円滑にストレスなく進められることによる利益を考えると、有料プランにかかる経費はさほど大きな問題ではないといえます。

このようなことから考えてみると、ビジネスユーザーは費用対効果の点でやはり有料プランの方がおすすめといえますね。

ページトップへ