導入してもっと仕事を円滑に!ビジネスチャット選びのポイント

  • ビジネスチャットツールの選び方
  • ビジネスチャットツール徹底比較
  • 社内向け情報共有ツールの効果とは
  • 【業種別】グループチャットの導入事例
HOME » 失敗しないビジネスチャットツールの選び方 » ユーザーインタフェース の使いやすさ

ユーザーインタフェース の使いやすさ

毎日のビジネスシーンで使うビジネスチャット選びに重要なのは、使いやすいインターフェースです。

なにしろ毎日使うのですから、できるだけ簡単で使いやすくストレスを感じることなく使えることで、仕事の効率も格段にアップします。

また、使いにくいインターフェースのものを選んでしまうと、ミスの誘発や時間の浪費などの原因にもなりかねません。

チャットツールそのものはとても便利でコンパクトに会話をすることでスムーズなコミュニケーションが可能です。

インターフェースはどこを重視すればいい?

インターフェース選びでおすすめのポイントとしては…

  • シンプルでストレスを感じさせない操作性
  • ストレスを与えないデザイン性
  • 言語の切り替え機能

などがあげられます。でも、実際には使ってみなければ本当の使用感はわからないものです。

トライアルを活用すべし!

前述のように、チャットツールは多くのものがあり、それぞれにオリジナリティがあるものです。ですから、どのツールが使いやすいかは実際に使ってみなければわからないもの。必要な機能もそれぞれの組織や会社によって違いますので、ボタンの配置一つで好みは変わってきます。

そこでおすすめなのが、無料トライアル版を使ってみること。

ビジネスユースでは、一般的に有料プランの方が機能も充実しているのでおすすめです。でも、いきなり有料プランを契約して使いにくいなどの理由で失敗してしまうこともありますね。

また、中にはある一定の期間使用しなければ違約金が発生するものもあるようです。そのため一度契約してしまうと、なかなかほかのツールに替えるのは難しくなります。そういった失敗をしないために、チャットツールの中には無料使用期間を設定しているものもたくさんあるようです。

無料トライアルの一例を挙げてみると、1ヶ月25ユーザーが無料で利用可能というものがあります。フォームで申し込むだけで簡単に申し込みができますので、こういった気軽なトライアルを活用しない手はないでしょう!

とりあえず無料限定の範囲内にある社内グループに試してもらい、どのツールが使いやすいかを検討してみるといいですね。

ページトップへ