導入してもっと仕事を円滑に!ビジネスチャット選びのポイント

  • ビジネスチャットツールの選び方
  • ビジネスチャットツール徹底比較
  • 社内向け情報共有ツールの効果とは
  • 【業種別】グループチャットの導入事例

管理機能・セキュリティを確認する

ビジネスでチャットツールを活用することによる最も大きなメリットは、管理機能の充実や万全のセキュリティ機能にあります。

ビジネスユースは登録ユーザーの数も多いので、これらのユーザーを一括で管理できることや情報の漏洩がないよう細心の注意を払うことが必要です。

この2つの重要条件をクリアできるのが、ビジネスチャットだといえます。

もちろんビジネス向けのチャットだからといって、すべてが安心というわけではありません。最も信頼できて使えるチャットツールはどれかをしっかり判別することが必要です。

では具体的には、どのようなことを注意して比較検討すればいいのでしょう。

管理機能の充実度

ビジネスでチャットツールを利用する場合、管理者が全体を管理できる機能は不可欠です。ただし、管理の程度はそれぞれのチャットツールによって異なりますので、選択の際に自社が必要としている管理の機能があるかをしっかり確認することが大切です。

管理機能といってもいろいろなパターンがあります。

  • 個別ユーザー単位の機能の制限
  • 組織単位の機能の制限
  • ユーザーや組織単位でのチャット範囲の管理を制限
  • ファイルの添付や共有の管理を制限

いずれも一元管理をさらに一歩踏み込んだ機能といえます。特にビジネスでの使用はシビアな管理を必要としますので、どこまでの機能を使えるかは重要なポイントとなります。

堅牢なセキュリティ機能

ビジネスでは、情報の漏洩や不正アクセス、改ざんなどに非常に多大な神経を注いでいます。

デジタル社会となった今、日々ケアレスミスによる漏洩や不正行為によるトラブルなどが後を絶ちません。そこで、チャットツールの利用にも信頼できるセキュリティ機能が要求されます。

チャットツールでは、一般的にSSLつまりデータの暗号化によって情報を通信しています。そのため、第三者が確認することは不可能といわれています。またツールによっては、非常に高いレベルの暗号化方式を採用しているものもあるようです。

そのほかにもIPアドレスや各種デバイスを使った認証などアクセスそのものを制限する機能も重要とされています。

費用対効果の高い
おすすめビジネスチャットツール徹底比較はこちら

ページトップへ